二次会代行は直前でも可能?

二次会代行は直前でも可能?

結婚式の二次会の代行は、キャンセルなど一部の例外を除けば、できる限り一ヶ月前からの予約をおすすめしているところが多いです。

直前予約の場合、状況によっては予約で一杯になっている可能性があります。また、代行業者によっては直前の準備が間に合わないため、当日の進行がスムーズに進められないという理由で、前日や前々日などの予約を断られる可能性もあります。

スタッフに空きがあれば直前でも予約ができる可能性はありますが、各代行業者によって対応可能な範囲は異なるため、まずは問い合わせをすることをおすすめします。

早めの準備で入念な打ち合わせを

二次会代行業者を手配する場合、申し込みだけでも初めに行っておき、その後ゆっくりと人数や予算の打ち合わせを行うのが理想的です。当日や直前になってから急に段取りや参加者の変更をしようと思っても、難しい場合があるためです。

予約状況やスタッフに空きがあれば、二次会の直前でも受付をしてもらえる可能性はありますが、その場合は申込者側で予算やプランなどをしっかりと絞り込んでおく必要があります。

二次会代行業者のホームページなどをチェックし、複数のプランの中から最適なものを選んで、それ以降は変更が出ないように決定するようにします。

万が一キャンセルやプラン変更などが生じた場合、手間がかかるだけでなく二次会の進行にも影響が出るおそれがあります。

代行業者は可能な限り手配を行いますが、タイミングによってはスムーズな対応が難しくなるおそれがありますので、やはり早めに準備・予約申し込みをしておいて損はありません。

理想としては、約一ヶ月前から二次会の申し込みを行い、店舗への来店もしくは電話・メールなどでの打ち合わせを行ったうえで、詳しく段取りをつけていきます。このプロセスを丁寧に行えば、二次会の成功率が上がります。

2,3日前でも対応可能な業者もある

二次会代行はできるだけ早めに申し込むのが良いですが、余裕がなく2,3日前になってから代行を依頼するという方法も不可能ではありません。代行業者が訪問できるエリア内であれば、2,3日程度前の申し込みでも空き状況により受付をしてもらえる場合があります。

ただし、すべての代行業者が直前予約を可能としている訳ではないため、あらかじめホームページをチェックするか、店舗への電話連絡やメールなどでの相談を行って確認をすることをおすすめします。

名古屋の二次会代行サービス調査隊