1、会場選び

名古屋の二次会代行ってどうなの?に答えるサイト

ウェルカムボードを会場の入り口に!

幹事代行に依頼VS自分で幹事をやる…
結婚式の二次会を主催するときに、まずやらなくてはいけない会場選び・会場予約を比べてみました。

 

結婚式の二次会準備やること比較~会場選び編~

幹事代行に依頼した場合 幹事を自分たちでおこなう場合
  1. 二次会に参加する人数、会場の希望を代行会社に相談
  2. 希望に合った会場をリストアップしてくれた中から好みの会場を選ぶ
  1. 新郎新婦からどのような会場が良いか、予算・場所・広さなどをリサーチして、希望に合った会場をリストアップ
  2. リストアップした会場に電話連絡をして、二次会予定日に予約できるかどうか、貸し切りの場合は時間、予定人数を収容できる広さがあるか、予算目安などを確認
  3. 電話連絡で候補になった会場を下見。道が分かりやすいか(徒歩で行けるか、タクシーを手配できるか)、駐車スペースがあるか(ない場合は近くの駐車場を確認)を確認
  4. 余裕があれば、実際に食事。料理は美味しいか、十分な量があるか、ドリンクサービスはどうか、前に新郎新婦・司会者が立った時にきちんと見えるか、企画などを行えるスペースがあるかなどを確認
  5. 候補に挙げた中から、最終的に1つの会場を決定
  6. 決定した会場に予約を入れる
  7. 会場側と打ち合わせ。予算と料理、時間、設備の使用について、送迎についいてなどを話し合い決定

二次会会場選びはここがポイント!

二次会を開催しようとした時には、まず「こんな二次会にしたい」というイメージを参加人数を大まかに絞っておきます。その後、いざ準備しようと思った時にまず始めるのが「会場選び」です。

会場によって料金や料理が変わるので、ゲストの満足度にも大きく関わってくる重要なポイントになります!会場選びを代行会社に依頼した場合と、依頼せずに自分で行った場合の差は、リストを見れば一目瞭然ですね。

幹事を代行会社に依頼した場合、既に二次会会場として予算や広さ、雰囲気などを代行会社がリサーチしているため、会場選びに失敗が少ないのが特徴です。「ここでやりたい!」という代行会社指定の会場でないお店などでも、代行会社を通すことで「ここだとこの企画をやるのは難しい」とか「司会が見えにくい」など、プロならではの視点でアドバイスを受けられるのも魅力的です。

また、個人で予約するよりも代行会社を通すことでお得なサービスを受けられる場合もありますよ。

名古屋の二次会代行サービス調査隊