4、余興・ゲームの準備

名古屋の二次会代行ってどうなの?に答えるサイト

二次会を盛り上げる結婚式の二次会を盛り上げる、手軽で楽しい余興とゲームをまとめました。幹事がはじめてという人のために、余興やゲームを選ぶときのポイントもおさらいします。

根強い人気!二次会を盛り上げる余興・ゲーム4選

迷った時は、やっぱりコレ。定番の余興をご紹介します。

手軽で楽しい!人気の余興4選

  1. ビンゴゲーム
  2. 白紙のビンゴカードにゲストの名前を自由に書き込んでもらい、ビンゴタイムには番号ではなくゲストの名前を読み上げる、というバリエーションも楽しいですね。

  3. 賞金総取りじゃんけん
  4. チーム戦にして新郎側と新婦側の友人が混ざるようにしたり、「あっち向いてホイ」にしたりすると、より盛り上がるでしょう。

  5. 借り物ゲーム
  6. 借りる物には、具体的なものよりも、抽象的なもの、たとえば「美しい女性」「つるんとしたもの」と書いておけば、機転の利く人が盛り上げてくれます。

  7. 全員でダンス
  8. モー娘。の「ハッピーサマーウエディング」やAKB48の「会いたかった」は明るくてノリがよく、だれでもその場で踊れるダンスが人気です。新郎新婦にとっては、ゲスト全員にお祝いしてもらった心温まる思い出になるでしょう。

余興やゲームは、1時間に1つくらいの割合で入れると、歓談の時間もじゅうぶんに取れて、満足度の高い二次会になるようです。

二次会には、新郎新婦の友人だけでなく仕事関係の人など、新郎新婦との親密度がいろいろで幅広い年代のゲストが集まります。内輪ウケにならないように気を付けましょう。また、イベント運営に慣れていない幹事さんの場合は、所要時間の見通しがつきやすい、準備する物が少なくて済むなど、進行が楽かどうかもポイントとなるでしょう。

成功する余興選びのポイント

  • 1時間に1つくらい
  • 新郎新婦も一緒に、全員参加型
  • ルールが簡単で、人前が苦手な人でも参加しやすい内容
  • 所要時間の見通しが立てやすい内容

余興やゲームの運営は、賞品や機材の手配から、司会をしながらのタイムキーパーなど、かなりの重労働です。協力してくれる人を何人か探しておくと安心でしょう。「小さな子供がいる人ばかりで、お手伝いを頼みづらい」「みんな仕事が忙しそう」というような場合は、二次会幹事を代行してくれる会社を利用してみるのも一案です。

二次会代行会社に依頼する場合は、「みんなで楽しく」「思い出になる賞品を」のようなイメージを伝えるだけで、ゲストの人数や構成に応じたプログラムを提案し、すべて手配してくれます。新婦から「リムジンで登場したい!」というような要望があった場合も、プロがいれば安心ですね。

そのほか、事前にヒアリングをして、オリジナリティのある演出を加えてくれたり、サプライズを用意してくれたりすることもあるようです。

このように、クオリティの面でもメリットが多い代行会社ですが、それよりも、「余興の進行でクタクタ~」ということにならずに、一緒に楽しい時間を過ごせることが一番のメリットかもしれません。

結婚式の二次会準備やること比較 ~余興選び編~

幹事代行に依頼した場合 幹事を自分たちでおこなう場合
  1. 希望がある場合は、代行会社に伝える
  2. 代行会社からのインタビューに答える
  3. (インタビューの内容に従ってサプライズを用意してくれたり、細かくアイデアに反映してくれたりする)
  1. 余興・ゲームの内容と数を決める
  2. それぞれの余興・ゲームの所要時間を決める
  3. 余興・ゲームの出演者と進行を手伝ってもらう人を選定し、依頼、打ち合わせ
  4. 余興・ゲームに必要なもののリストアップ、買い出し
名古屋の二次会代行サービス調査隊