5、二次会当日の仕切り

名古屋の二次会代行ってどうなの?に答えるサイト

二次会当日、幹事さんのやることは?

幹事代行に依頼VS自分で幹事をやる…
結婚式の二次会当日。二次会代行サービスに依頼した場合と、プロに頼らず自分が幹事をした場合、当日のやることを比べてみました。

 

結婚式の二次会準備やること比較~当日編~

幹事代行に依頼した場合 幹事を自分たちでおこなう場合
  1. 会場到着後、代行会社スタッフの方との当日の流れについて最終確認
  2. あとはすべておまかせ。司会進行~片付けまでほかのゲストと一緒に楽しむだけ
スタッフ・ゲスト関連
  1. 交通整理が必要な場合は行う
  2. 開始15~30分前には、参加ゲストの受付と名簿のチェック&会費集めを開始
  3. ゲストを席へ誘導
  4. カメラマンの撮影開始
  5. ゲストからの問い合わせなどに対応
  6. 三次会がある場合はゲストを誘導
二次会進行関連
  1. 会場となるお店へ挨拶
  2. 会場の直前準備(音響・映像・照明の用意、マイクやスピーカーのチェック、配布物などのチェック)
  3. 司会者と進行の最終確認
  4. 開始後は企画の進行と割り振り時間が合っているかを常にチェック
  5. 二次会終了後は会場の片づけ
  6. お店への精算と挨拶
ゲーム・演出関連
  1. 景品や小物など、持ち込み品の最終確認
  2. ゲームと演出を司会とともに進行・盛り上げ

幹事の腕の見せどころ!二次会当日のポイント

いよいよ二次会当日!
自分が幹事になったら、早めに会場へ入り、ゲストが来る前に準備を進めておきます。

会場となるお店への挨拶から始まり、ゲストの受付・誘導、ゲームの進行、演出、トラブルへの対応、問い合わせへの対応など、幹事さんは大忙しです!もちろん、集めた会費をしっかり管理することも忘れないようにしましょう。
常に気を配る必要があるため、幹事を引き受けたら二次会を楽しむのは二の次になると思ったほうがよいでしょう。

また二次会が終わった後も、片づけをしたり(備品は誰が持ちかえるかの話し合いも必要です)、会場側への支払いもする必要があります。その後収支の計算をして、新郎新婦に報告。万が一赤字が出た場合は、新郎新婦と相談して下さい。

代行会社に依頼した場合は、当日会場入りして最終チェックさえ終われば、後は二次会終了までフリーになります。

会場の準備からスタッフの配置、受付からゲーム進行、終了後の精算・片付けまで全てを代行会社で行ってくれるので、当日は二次会を思う存分楽しむだけ!幹事でこれだけ二次会を楽しめる時間が持てるのは、とってもすごいことですね。

また二次会代行会社なら、万が一のトラブルに対してもしっかり対応してもらえるし、安心してお任せができるのがポイント。新郎新婦もゲストも幹事さんもきっと大満足の二次会を楽しめます。

名古屋の二次会代行サービス調査隊