二次会準備やることリスト

名古屋の二次会代行ってどうなの?に答えるサイト

二次会をするにあたって、「幹事を代行会社に依頼した場合」と「幹事を自分で行った場合」の2パターンでのやることリストを作成しました。
会場選びから当日の仕切りまで、シーンを4つに分けて、それぞれのリストをご紹介します。

二次会幹事はプロにおまかせ?自分でやる?

1、会場選び

雰囲気や料理、予算などから会場となるお店をリストアップします。代行会社に依頼した場合はリサーチを代わりに行ってくれるのに対し、自分で幹事をする場合はリサーチから話し合いまで全て行う必要があります。

2、参加ゲストを確定

招待状を送るために参加ゲストをリストアップします。招待状は失礼のない文面を考えたり、新郎新婦とのやり取りが必要な場合も。
またハガキを出した後も回収作業や人数の集計などが必要になります。代行を依頼した場合は、リストを手渡すだけで後は全てやってくれるのでラクチンです。

3、進行・演出の準備

ここからが幹事の役割がとても重要になってきますね。滞りなく二次会を進めるための準備を数週間前から始めていきます。協力してくれる仲間から受付・カメラマン・司会などを決定し、ウェルカムボードや名簿・プログラムの作成、ゲームの企画と必要な景品などの買い出し、音響やギフトの用意、会場側とのやりとりや参加ゲスト出欠の最終確認などなど。細かい打ち合わせを新郎新婦や他の友人逹と何度も重ねる必要があります。

一方代行会社に依頼した場合は、担当スタッフとの数回の打ち合わせでスムーズに決定!相手はプロですから準備をリード&必要な用意もしっかりと行ってくれるので、後は当日を待つだけです。

4、余興・ゲームの準備

盛り上がる余興やゲームは必須!手間や予算をかける必要がなく、手軽で楽しいゲームを紹介します。

5、二次会当日の仕切り

会場準備から終了まで、とにかくバタバタ忙しい幹事!二次会を楽しむ暇もなく、終了後も精算や片付けなど対応に追われます。
一方で代行会社に依頼した場合は、当日の仕切りは全ておまかせ!開始から終了まで何もしなくていいなんて、本当にラクチンで二次会をしっかりと楽しめちゃいます。

名古屋の二次会代行サービス調査隊